Quanta(クオンタ)の仕組みは?次世代型?

Quanta(クオンタ)の仕組みは?次世代型?

f:id:horizon2e_gift:20171221024840j:plain

 巷で噂になっているQuanta(クオンタ)ですが、

今回は仕組みなどその正体に迫っていきます。

 

クオンタは別名「次世代の宝くじ」と呼ばれたりしています。

そう呼ばれる理由は仕組みとクオンタならではの特徴にあります。

 

 

多くの人が一度は買った事がある「宝くじ」 。

宝くじの一番の魅力は何と言っても1等◯億円という一発大当たりのチャンスが誰にでもあるという点です。

上手くいくと数百円が数億円になるのですからワクワク・ドキドキしますよね!

しかし、実は宝くじの還元率は50%以下なのです。

つまり1等が当たったとしても そのうちから人件費や発売元の都道府県や政令指定都市の収入となり、都市整備の財源や税金の代わりとして使われています。

 

 

なので「結局使えるお金少ないじゃん」 という方も少なくありません。

しかしQuantaの還元率はなんと驚異の85%!これだけでも十分魅力的なのですが 注目を浴びている理由は他にもあります

注目を浴びている一番の秘密はQuantaの付加価値にあります。

 Quantaには、株主のような存在になれる”QNT”というものが存在します。

QNTは、暗号通貨技術を用いた”暗号トークン”として発行され、このQNTを保有する事で様々な権利を得る事が可能です。

まず、QNTを保有しているだけでQuanta上で開催される宝くじの総売り上げの5%が、QNT保有率に応じて分配され、宝くじが発行される度に、毎回配当が入ってきます。

他にも、一定以上のQNTを保有する事で、販売代理店の権利も手に入るとのことでクオンタならではの魅力ですね。1ユーザーとしてうれいい限りです。