重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?どんな人物なのか経歴や今までの活動など『松田学 (松田まなぶ)』さんの全てを紹介|ブロックチェーンニュース

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?どんな人物なのか経歴や今までの活動など『松田学 (松田まなぶ)』さんの全てを紹介|ブロックチェーンニュース

 

今回は、重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは、どんな人物なのか?経歴や今までの活動など『松田学 (松田まなぶ)』さんの全てを紹介していきます。

 

※更新日:2018/08/30

 

f:id:horizon2e_gift:20180808144605j:plain

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんとは?

f:id:horizon2e_gift:20180406194607j:plain

松田/学

1957年生まれ(横浜市港北区にて小中学校に通学)東京大学経済学部卒業、大蔵省入省(本省のほか、西ドイツ留学、税務署長、国税局査察部長、横浜税関総務部長、内閣審議官など)、財務省本省課長、東京医科歯科大学教授、独立行政法人理事等への出向等を経て、2010年政界進出のため退官。在官中より言論NPO理事、大学院客員教授等として活動。NPO「横浜ひとまちくらし研究会」理事、埼玉学園大学大学院及び横浜市立大学客員教授、国家基本問題研究所及び大樹総研等での活動などを経て、2012年第46回衆議院選挙にて日本維新の会より出馬し当選。

 

松田 学(まつだ まなぶ)さんは、元財務官僚、元日本維新の会、次世代の党所属の前衆議院議員という経歴の政治家です。現在は自民党に所属しています。

また、東京大学大学院客員教授でもあり、更にJupiter COINのプロジェクトリーダーを務められています。

 

 

 重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの活動は?

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんがどの様な活動をされてきたのか?調べてまとめてみました。

 

f:id:horizon2e_gift:20180525002703j:plain

 

言論NPO設立

質の高い本格的で層の厚い政策論のマーケットを創る活動で、言論NPOは、2001年秋に各界を超えた知恵のコラボレーションを進めるネットワーク型のメディア・シンクタンクとして、同世代の有志とともに設立した認定非営利活動法人です。
以後、このNPOの理事として、しっかりとした議論で有権者の立場に立った民主主義のインフラをつくる活動を続けてきそうです。

その主な活動内容は、政権評価・マニフェスト評価、日本の将来像と選択肢形成の議論づくり、国境を超えた議論の舞台運営、市民社会型の議論のプラットフォーム形成などです。

 

医療システム改革の議論創り

学教授への出向時より、日本の医療界とのネットワークを拡大、医療システム改革の議論に参画していたそうです。

社会システムデザイン研究所など様々な場で、医療の分野を中心に、日本の全体システム再設計について議論形成や提言・発信されていたようです。

 

シンクタンクにおける政策提言活動

大樹総研にて、政府や国会議員、自治体等、広く政策当事者に対して政策提言を行う活動に参画、経済政策、地方自治、財政金融、国際政策、行政論など、各種政策分野に関する研究レポートを定期的に策定し配布しており、国家基本問題研究所(櫻井よしこ理事長)にて、企画委員会に参画し、外交・安全保障をはじめ日本の時事問題につき政策提言活動を行った。

 

アカデミズムの分野での活動

東京医科歯科大学教授として経済学、歴史学、社会システム設計論を講じ、当時から、他の大学院客員教授として「アジア政策論」を講義を行っています。
他方で、中国の大学等でもアジアにおける日本の将来像や日本のアジア戦略などについて講義を行うなど、日中間の議論交流にも携わっており、2009年7月には、学界と政策当事者、実務家などが知恵のコラボレーションを進める場として「政策科学学会」を各界の有志とともに創設、同学会副会長に就任しました。

 

地方自治体などでの地域再生構想

地方の某地域エリアに対して農業シニアリビングタウン構想(水耕栽培の農業工場等で都市近郊にシニア世代の活動や生活の場を生み出す構想)を提唱し、その実現に向けて官、民のコラボレーションの場をリード。
東京近郊某都市における健康都市プランの策定に参画し、横浜市を中心に地域再生の議論づくりを開始しました。
これらは、先の医療システム改革などと併せ、「活力ある超高齢社会の運営モデル」構築に向けたチャレンジの実践です。

 

各政策分野における議論活動

言論NPOの「政権評価、マニフェスト評価」活動に加え、その蓄積も活かしつつ、経済や外交だけでなく、財政、金融、国際経済、医療問題、行政論など各政策分野について、自ら議論を提起、様々な政策論の場に参画・発信し、たちあがれ日本では、党の政策立案を、国家基本問題研究所では櫻井よしこ理事長とともに日本の将来像を巡る議論などを担うなど、保守の立場から政策論を形成、発信しました。
日常的に講演活動を行い、横浜、大阪等で自らの政策論を論じることを中心に定期的な勉強会を主催しており、メディアにおいても、テレビ、オピニョン誌、インターネット論壇を中心に政策論の啓発活動を展開しています。
経済、財政、社会保障などを含めた日本の将来設計を中心とする講演活動、執筆活動に加え、TVでは、知の共有の観点から、テレビ神奈川で「松田まなぶのカナガワ未来レポート」を2011年~14年にわたり継続。また、チャンネル桜ではビデオレターを連載中、経済討論のパネラー出演等。

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんインタビュー記事

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんがベンチャータイムスよりインタビューされていたので、下記の記事を見ていただければどんな方か分かっていただけると思いますので、気になった方はチェックしてみてください。

venturetimes.jp

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの経歴

 

『松田学 (松田まなぶ)』の経歴について調査したので紹介していきます。

 

f:id:horizon2e_gift:20180525002630j:plain

2012年12月

衆議院議員に当選(比例南関東日本維新の会)、日本維新の会・国会議員団副幹事長、同党・神奈川県総支部代表など。

 

2014年8月

次世代の党を結党。次世代の党・政調会長代理、同党・税制調査会長、同党・神奈川県連会長など。

衆議院では、内閣委員会理事、財務金融委員、国土交通委員、消費者特委オブザーバー等を歴任。
私、松田学は、東京大学経済学部を卒業後、大蔵省(現財務省)に入省し、在官中も、ドイツ、淡路島、大阪、成田、横浜などでの勤務や、内閣官房国土交通省など他省庁への出向に加え、東京医科歯科大学教授、(独)郵貯・簡保管理機構の理事、預金保険機構の金融再生部長など、本省以外にも幅広い経験をさせていただきました。

 

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの動画シリーズ紹介

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんの動画シリーズを紹介していきます。

 

財務省財政再建のレトリックとは

巧に世論誘導を試みる財務省の、増税レトリックについて確認して頂きます。

youtu.be

八の年、戌は笑うか?

過去10年毎に何があったのか振り返って行くと共に、今年の先行きを展望して頂きます

 

youtu.be

松田学のビデオレター、第87回は「仮想から法定へ、暗号通貨の将来性」

チャンネル桜5月29日放映。

youtu.be

 

松田学のビデオレター、第92回は「サイバーセキュリティーを巡る危機管理・その2」

チャンネル桜8月7日放映。

youtu.be

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの論考を紹介

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんの公式ブログより、財政再建の秘策について論考が出ていたのでご紹介していきます。

少々長いため、省略したので気になる方は公式ブログにてお読みください。

f:id:horizon2e_gift:20180618125256j:plain

永久国債オペの出口は政府暗号通貨~財政再建の秘策~松田学の論考

日本の財政を累積した国債から解放し、将来世代への負の遺産を解消する。そのためのバランスシート処理として、すでに「松田プラン」の内容を7回にわたりご紹介してきました(本ブログ【試論・松田プラン】その1~その7)。

 今回は、「松田プラン」にはきちんとした「出口」が用意され得るものであることについて述べたいと思います。実は、その答えは、いま流行りの「仮想通貨」を政府暗号通貨へと進化させることにあります。

●日銀保有の永久国債を政府暗号通貨で償還する

アベノミクスのもと、異次元金融緩和政策で日銀の保有国債は5年間で約320兆円積み上がり、18年3月末には約450兆円に達しました。その裏側で、日銀当座預金というマネタリーベースも320兆円増え、380兆円に達しています。

これを国と日銀を連結させた「統合政府」でみれば、1,200兆円を超える国の負債も、「純債務」ベースで100兆円あまりにまで縮小しています。

安倍政権が成し遂げたこの財政再建効果が後戻りしないよう、これを恒久化させるのが、日銀が保有している国債を、満期が到来するたびに、償還期限の定めのない永久国債へと乗り換え、これを日銀が永久保有することについて、政府と日銀がアコードを結ぶ「永久国債オペ」です。結果として、その分、政府の国債は日銀当座預金という、返済義務のない帳簿上の日銀負債に姿を変えることになります。

●永久国債が政府暗号通貨へと変換、流通されていくプロセス

日銀保有の永久国債の償還を通じて政府暗号通貨が発行されるという仕組みにすることによって、マクロ経済に中立的な政府暗号通貨の発行と、民間の自立的な選択を通じた市中マネーの多様化と、日銀保有永久国債及び日銀当座預金の縮小が、同時並行的に実現することになります。

 

●仮想通貨とは何なのか?~仮想通貨→暗号通貨が法定通貨となる日~

 

中央銀行が発行する法定暗号通貨ではなく、政府が発行する法定暗号通貨として検討していかなければ、日本がアベノミクスで到達した、せっかくの前人未到の地の利を活かすチャンスをみすみす失ってしまいかねません。

詳細はさらに論じて参りますが、今回はとりあえず、この点だけは強調しておきます。

 

引用元:松田学公式ブログ

ameblo.jp

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの出版本紹介

『松田学 (松田まなぶ)』さんのこれまでに出版された本はどのようなものがあるのか一部を紹介していきます。

 

TPP興国論 (ロング新書)

TPP興国論 (ロング新書)

 

 

TPP興国論 (ロング新書)

目次
第1章 ほとんどの国民は、TPPの本質を知りません!
第2章 TPPがわかる基礎講座―TPPの正体
第3章 TPPで日本は滅びません(真の食料安全保障を確立するために 農業問題
国民の健康の安心を築くために 医療問題
黄金の国・日本は、美味しい投資対象か 金融問題、投資
TPPは日本人の雇用を奪い、格差を拡大するのか? ヒト問題、その他)
第4章 TPPは、日本の希望になる!(「日本新秩序」へのバージョンアップ!
TPPを迎え撃つ最強の日本になる
「生き甲斐を感じる」社会を創る)
第5章 TPP興国論 日本が強くなるシナリオ

 

内容紹介
今、TPPが日本の国論を二分していますが、その中には、
目に余る無責任な発言が少なくありません。
現状をしっかりと認識しましょう。
いま、この日本は大変な危機の時代なのです。
国家の財政は逼迫しています。
人口は減少していきます。
高齢化社会社会保障費の額はどんどん増えていく。
こんな危機の時代に、無責任な批判だけを繰り返している場合でしょうか。
問題をあげつらうだけのインテリなど必要ありません。
大事なことは、TPPをきちんと知り、それをチャンスにできる可能性があるなら、
そこから実現できる理想を探り、未来へと必死に動くことではないでしょうか。

 

f:id:horizon2e_gift:20180629202854j:plain

TPP興国論 | 松田 学 |本 | 通販 | Amazon

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんの「TPP興国論」口コミ

この本を読んでみた口コミ・レビューなどをまとめてみました。

 

・いろいろと考えさせられる一冊でした。意外にキラリと光る内容だったので、星5つです。

・TPP の内容を他の本よりよく紹介し,日本がおかれた政治・経済・歴史などの背景をよくとらえたうえで,なぜ TPP に参加することが日本の 「興国」 によいのかを論じている

・あたらしい日本の秩序、Japanese New Order の形成の時代に自分が生まれたことを自覚することで、ビジョナリーな日本と戦略的行動のできる日本への脱皮の必要性を強く訴えている。
TPP恐怖論的な著書が多い中で、新たな未来へ向かってどのようにTPPを利用していくのかという視点で書かれた、ビジョナリーな思想に満ちた良書であると思った。

・なんとなくメディアの報道からTPPに入ると日本に不利なことばかりなんだと思っていたけど、この本のおかげで見方が変わりました。

などなど 

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

 

 

国力倍増論―もう大丈夫といわれる国にしたい

【目次】

第1章 ~序論 日本新秩序―日本の新たなストーリーを設計するー
第2章 アベノミクスは成功するか~次に来るべき「プランB」を考える~
第3章 どうする、日本の財政~消費税増税社会保障の国家選択~
第4章 高度情報社会と社会保障~国家基盤として必要な社会インフラの整備~
第5章 日本の新しい国づくり~世界の課題解決「三種の神器」~
第6章 繁栄の舞台を世界へ~黄金の国ジパング
第7章 新しい行政改革論~「官僚」の再設計~
第8章 国家再建を考える~新しい政治の軸と進化する保守~

f:id:horizon2e_gift:20180611135118j:plain

  •  松田学さんの政策への考察

これまでにも日本の政治の論文として「所得倍増論」、「資産倍増論」などがありました。

しかし松田さんが論じるのは、今後の日本には国防力、人材力、国際的な発信力といったものを含めた、「経済だけではない全般的な国力倍増」が必要になってくるだろう。という考え方です。

 

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

 

 

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う

内容紹介
東京大学大学院客員教授として政策提言活動に携わっている著者がサイバーセキュリティについて語ります。
先頃のコインチェック問題の背景にもサイバー攻撃が指摘されましたが、いまや国民生活の基盤となっている電脳空間の安全を確保することは、最重要課題。
いま話題になっている仮想通貨も、サイバーセキュリティの延長線上に、その健全性が展望できるもの。
暗号通貨は、日本が通貨・金融の切り口とする世界の経済インフラの構築において確かなポジションを取る上での重要な国家戦略になるものだ。

 

目次
はじめに

第1章 人類に訪れる「第四の波」
転換期に直面する人類社会
文明と情報革命
巨大化した中間機能の不可視化
電脳空間への依存で増大する不確実性
21世紀の課題
新たな社会へ、「第四の波」
中間機能ゼロ社会の衝撃~未来の断面図~
「ピア・トゥ・ピア社会」の到来
公正と信頼を土台とする社会
複数の人生を同時に生きる
健康と長寿が保証された人生とヒトの能力の飛躍的向上
ヒューマンオーグメンテーション(人間拡張)
人間が人間らしく思う通りに生きていける社会
「科学技術の番人」「未来社会の番人」としてのサイバーセキュリティ

第2章 海外で見た情報化社会、海外で聞いたサイバーセキュリティ
高度な個人番号管理で公正な安心社会の国、スウェーデン
個人情報を医療や研究に徹底活用する国、デンマーク
徹底したIT国家を建設しているエストニア共和国
サイバーテロ対策のメッカとしてのエストニア
サイバーセキュリティの世界大会、ブラックハット(Black Hat)
ハッカーたちを褒め称える場、デフコン(DEFCON)

第3章 どうなっているのか、日本のサイバーセキュリティ
1.いま何が起こっているのか~
2.日本政府の体制はどうなっているのか
まだ不十分な省庁体制
体制整備へ、3つの課題
3.人的・制度的な要因に関する現状と課題
企業経営におけるサイバーセキュリティの優先度の低さ
法制上の問題と課題
専守防衛(憲法上の問題)がサイバーセキュリティの制約に
セキュリティ対策として必要なオフェンス
国際協力と刑法面での厳罰化は考えられないか
法的対応にも限界がある
4.サイバーセキュリティの本質的課題とは何か~アジェンダの絞り込み~
解決策の中心には暗号技術の問題がある
情報セキュリティ技術における真の課題とは何か
残る課題としての人的要因と社会システム

第4章 サイバーセキュリティ完成への道筋
1.完全な暗号技術を開発し、普及、実装、活用する
エンド・トゥ・エンドプロテクションという課題
新しい暗号技術の可能性
暗号鍵の配送問題の克服
日本の次の成長戦略としての情報セキュリティ技術
インターネットは第2フェーズへ
ダイナミック・マイナンバー
2.シンプルパソコンで情報処理過程を透明化する
現在のパソコンは複雑化によって脆弱化している
情報処理プロセスwp「見える化」するコンピュータアーキテクチャ
3.電脳空間に向き合う場づくりと人材育成
地方創生の目玉としての電脳空間プラットフォーム
サイバー拠点の形成と地方創生
バーチャル自治体」の推進
未来社会の創造は地方自治体が先導する
情報リテラシーの向上へ、草の根サイバーセキュリティを国民運動化する
ホワイトハッカーを育成し、人材を登用する

4.ルール・規範・思想の明確化と社会システムの視点

専守防衛下でサイバーオフェンスをどうするのか
サイバーセキュリティ国際協力
規制緩和と特区
AIの活用による課題解決とサイバーセキュリティ
公共財としてサイバーセキュリティを位置づける
政府が負担すべき社会的コストがある
税制上の優遇措置や公的助成を

第5章 新たなセキュリティシステムへのチャレンジ~ジュピタープロジェクト~
太陽系の番人ジュピター「木星」=未来社会の番人
日本の企業/組織の内部管理の実態は・・・
ジュピターシステムの開発~AIとブロックチェーンによる新トータルセキュリティ
外部からの脅威対策
内部からの脅威対策
漏洩しても被害を無にする対策
ジュピタープロジェクトは何を目指しているのか

第6章 仮想通貨の行方~真の通貨への模索~
新たな資金調達手段として誕生したICO
「仮想通貨」とはどんなものなのか
仮想通貨とは本物の通貨なのか
日本は世界に先駆けて仮想通貨に業者登録制などを導入した国ですが・・・
利用する上でのメリットとデメリットは?
安全性と信頼性~仮想通貨の課題はサイバーセキュリティ~
ブロックチェーン技術にも考えるべき論点がある
仮想通貨ではなく「暗号通貨」を~日本の国家戦略~
イノベーションによって解決すべき暗号通貨
暗号通貨が真の通貨となるためには
クリプトキャッシュ~多様な暗号「貨幣」の時代に

第7章 ネクストソサイエティと新たな通貨の論理
AIが社会を運営する時代が到来する?
AIとベーシックインカムと「ヘリコプターマネー」
資本主義経済で通貨を生み出すのは民間銀行~日銀の金融政策に対する誤解~
資本主義社会の次に訪れる新しい社会~ニューパラダイム~
ボンド・ボンド構想~ボランティア活動に経済的価値と生き甲斐を生む仕組み~

第8章 日本の財政はこうして救われる「松田プラン」
日本の財政の「不都合な真実
「統合政府」でみれば財政再建が大きく進展中~国の純債務は百兆円に?~
国債が消えている
「松田プラン」が提案する永久国債オペレーションとは何か
劇薬との懸念には十分に反論できる
赤字国債を減らすことこそが財政規律

消費増税と景気との両立~減債制度を営む日本だからきでることがある~
社会保障バウチャーで国のおカネの流れを債務の処理から民生へと転換
永久国債の出口に来るのが政府暗号通貨
国民による通貨の選択を通じて進められる国の債務処理

おわりに~未来社会に向けて「日本新秩序」を~

 

f:id:horizon2e_gift:20180808145051j:plain

サイバーセキュリティと仮想通貨が日本を救う | 松田 学 |本 | 通販 | Amazon

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんの最新情報

 

『松田学 (松田まなぶ)』さんの最新の活動について紹介していきます。

 

8月3日、松田学氏がプロジェクトリーダーを務める「Jupiterプロジェクト」とミクウガジャパンがアドバイザリー契約

 

クウガジャパン株式会社(代表:代表取締役:沼倉裕、本社:東京都千代田区)は、東京大学大学院客員教授、元衆議院議員、元財務省大臣官房付である松田学氏がプロジェクトリーダーを務める「Jupiterプロジェクト」とアドバイザリー契約を締結した事を発表した。

引用元:ベンチャータイムス

venturetimes.jp

 

重要な政治家『松田学 (松田まなぶ)』さんまとめ

f:id:horizon2e_gift:20180808144605j:plain

今回は、重要な政治家「松田学 (松田まなぶ)」さんについて紹介していきました。

『松田学 (松田まなぶ)』さんは、様々な政治活動を経て、あの東京大学大学院の客員教授も赴任されており、柔軟で斬新な発想のできる方です。

『松田学 (松田まなぶ)』さんの本は多少難しいですが、いろいろと考えさせられる本ばかりで、口コミの評判も良かったです。

今の日本には、『松田学 (松田まなぶ)』さんの様な政治家が必要だと思います。

ここまで読んでいただいた方には「松田学 (松田まなぶ)」さんがどれほど凄い経歴・実績を持たれている方なのかお分かり頂けたかと思います。

気になった方は『松田学 (松田まなぶ)』さんの今後の活躍に期待してみてはいかがでしょうか?